テスコのサービス

技術動向調査/パテントマップ

他社の技術開発動向を把握する。
他社の技術動向・開発動向を調べるために特許を分析することは重要です。知りたい技術の分類ごとの指標を確認することで、強味、弱みを知り、自社との比較ができます。また他社が新規開拓を始めている分野(ニューエントリー)、または自社が新規開拓をすべき分野が見えてきます。ビジネスパートナー探しにも役立ちます。例えば、コア技術を持っている大学や研究機関、ベンチャーを探したいという場合にも役立ちます。
まとめ方は、一覧表形式、パテントマップ形式(グラフ形式)などご要望に合わせて報告いたします。
侵害予防調査(下の項目)とは違うスタンスですので、ご予算に合わせて特許の検索式や、まとめ方の提案をいたします。


特許侵害予防調査

特許権侵害のリスクを低減させる。
開発中、発売予定の製品が、他社の特許に抵触するリスクを低減させるために、実施される内容に近い技術の特許をリスト化し報告いたします。
調査は、仕向地となる国の特許を対象に実施します。日本、米国、欧州、中国はもちろん、マイナー国を含め特許法のある国であればワールドワイドに対応いたします。



出願前調査・審査請求前調査

より質の高い出願をし、特許査定の可能性を高め、強い権利を得る。
出願しようとしている技術に類似する既存の技術を把握しておくことは、出願しようとしている技術内容の検討に大変役立ちます。
出願前の段階、審査請求前の段階などの重要度や、ご予算の範囲で調査を実施いたします。


無効資料調査

障害となる特許の出願時点で公知の技術文献を探す。
障害となっている、または障害となるかも知れない特許を無効にさせるための資料を探します。出願時点よりも前に公知となっていた文献を探します。調査の対象となる文献は、特許や、技術関連の非特許文献です。
非特許文献の調査方法は、膨大な蓄積量をもつ文献データベースを利用する場合(データベース調査)と、文献のシリーズにフォーカスをあて、図書館や文献入手で手めくりで調査をする場合(マニュアル調査)があります。
調査の範囲は、ご予算、国、言語や、データベース調査/マニュアル調査等細かく設定できます。


商標調査

類似する商標の確認。
類似する商標権がないかを調べます。ご提案された商品名と同一または類似する商標のリストを報告いたします。リストは権利存続中のもの、権利消滅分の両方を報告できますので、商標のご検討に役立ちます。


意匠調査

類似する意匠の確認。
類似する意匠権がないかを調べます。ご提案された意匠と同一または類似する意匠の図面付リストを報告いたします。


SDI

定期的に調査する。
定期的に対象テーマ技術に関する最新情報を把握する調査です。ウィークリーやマンスリーで関心のある技術に関して、新たに特許庁で公開された特許のリストをご報告いたします。
リストは単に検索式から拾われたリストではなく、調査を実施し、関心のある技術に絞ったリストをご提供いたします。リストは、技術項目等のフラグづけも可能です。


ウォッチング

特定の特許出願の経過情報の変化を知る。
マークすべき公開特許公報や、登録特許の経過情報に変化があった場合、変化があったことをお知らせいたします。例えば、審査請求の段階に移行した、年金未払いによって特許権が消滅したなどを報告します。


製品調査

製品の取り寄せ入手や、展示会での聞き込み。
貴社の特許権を侵害している可能性のある他社の製品を代行して入手いたします。また展示会等で、資料の入手や、聞き込みを行う場合もございます。



特許包袋の取り寄せ、文献の取り寄せ

文献の取り寄せ業務。
ご指定いただいた特許包袋(通常/認証付)や技術文献をお届けします。特許包袋、技術文献ともにワールドワイドで対応いたします。